REKISHI

レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna

狩りから稲作へ / レキシ (歌詞あり)

 

レキシ『姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門』

広告

ももいろクローバーZ

画像画像画像

(友人のBOLGから)

ROCK界隈からのももクロへのコメント

ももクロ、ありゃブラフマンだよ(増子直純 / 怒髪天)

ももクロ観てきた。気になってる人は今からでも遅くないからチェックしといた方がいい。
凄いエンターテイメント&体育会系ハードコア。余裕で推せる。(ピエール中野 / 凛として時雨)

彼女たちの存在を知らずに過ごす時間は本来得るはずの幸せの半分しか得ていない状態の時間です。(芹澤 REMI 優真 / SPECIAL OTHERS)

ももクロのパフォーマンスを見ていると「オレも私も何かやんなきゃ!」という気持ちに必ずなるので、やる気注入してもらいに行くといいと思います。(大槻ケンヂ / 筋肉少女隊)

「ワニとシャンプー」に衝撃を受けました。(ハマ•オカモト / OKAMOTO’S)

ももクロは情報過多な感じで、アメリカでウケると思う。すごく日本っぽい感じがする。(山口一郎 / サカナクション)

ももいろなんとかZってアイドルの多分野音のライブ映像が凄まじかった、ギラギラしていた、余裕ゼロでぶっ込んでいくパンクバンドのライブを見ているようだった(猪俣ヨウスケ / Dr.Downer)

必要以上の本気。かわいいだけのコムスメよりも断然熱くて面白い。(石井恵梨子 / ライター)

しらけてない。常に一生懸命で全力。そのひたむきな姿が、なんだか言葉に出来ない感情を呼び起こす。みんなの笑顔が見たい、楽しみたい、という真っすぐな思いが、こっちにもビシバシ伝わってくるから、振り向かざるを得ない。個人的にそれは、クロマニヨンズのライブで感じる気持ちに似ている。(金光裕史 / 「音楽と人」編集長)

「週末ヒロイン」のキャッチフレーズを持つももいろクローバー。彼女たちの人気の秘密はライブでの圧倒的パフォーマンス。メンバー全員の身体能力が高く、そのアクロバティックなダンスは圧巻の一言。LIVEで精一杯歌い踊る姿に感動する人が続出したという。アイドルソングが苦手な方にも是非1度聴いて頂きたい。(兵庫慎司 / RO69)

【その他、ももクロにハマっているらしいロック界隈の人たち】

TOTAL FAT、ANIMETAL JAPAN、氣志團、BO NINGEN、クボタマサヒコ(kuh、ex.BEAT CRUSADERS)、シライシ”次長”コウジ(YOUR SONG IS GOOD)、対馬祥太郎(NICO Touches the Walls)、高田雄一(MEANING / ELLEGARDEN)、ポール(Boobie Trap)、所さん(フジロッ久(仮))、前田博章(DJ / puke!)

ríp óff  TーSH がいいねw

俺もみるまでは どーせ地下アイドルだろってバカにしてた。。。

なんか 言いたい事 スゲー わかるw

俺も やっぱ好きだZ!!


Nixon “Block” Speakers


Daft Punk x TRON: LEGACY Poster


Frances Bean Cobain


Vestax Spin DJ Controller



C2C DMC 2005 (album coming 2010)